新潟県長岡市を拠点に活動する「アトリエZen」の企画展
エックス展 vol.13/新しい世代のクリエイターの多様な“表現”エックスを探って
特別企画 /同時開催:サトウアキヒサ展
会期: 2024年3月17日(日)~3月24日(日)/月曜休館
11:00~17:00(土曜・日曜・祝日は10:00~。最終日は15:00に終了します)
会場:長岡市美術センター(長岡市中央図書館2階)グーグルマップ
新潟県長岡市学校町1-2-2 長岡駅から徒歩15分、駐車場完備 入場無料
■身体表現のパフォーマンス(田中詩穂、渡邉蓮)
3月17日(日) pm17:00~、3月24日(日) am11:30~
両日とも2人合わせて30分程度。観覧無料

出展作家の紹介
エックス展の履歴 前回vol.12展のwebsite
お問い合わせ(メールフォーム)
新潟日報文化欄記事 新潟日報文化欄でのエックス展紹介(2019年12月11日掲載)
インフォメーション/blog等への掲載情報
・2024.02.17 同時開催のサトウアキヒサ展に関連して (エックス展での過去の同時開催)
・2024.01.29 blog「アート日和」に展覧会案内を記載しました
・2024.01.18 エックス展vol.13/websiteを公開しました
[ご挨拶]
若い世代の織りなす表現から未知数の可能性(=エックス)を探りたく2010年にスタートした「エックス展」は、このたび第13回展となりました。今年はシリーズ初参加の4名を含む、新潟に関わりのある15名が出展します。
また今回初めての試みとしてゲスト作家(魚沼市在住現代アーティスト・サトウアキヒサ)を招きました。氏からは1ブースを広く使った個展スケールでの展示をおこなってもらい、エックス展とのコラボレーションを図ります。それぞれの手法や感性で繰り広げられる多様な表現をどうぞお楽しみください。 (展覧会コーディネーター:外山文彦)

●展覧会フライヤー (pdf)/[表側][プロフィール面

展覧会企画:アトリエZen1999年設立。展覧会やアートイベントのプロデュース、アートスペースのコンサルティングにたずさわる。企画した主な展覧会は「ONE Mart EXPRESS」「柏崎復興祈念アート展」「クライズム展〜蔵のなかでの現代アート」「エックス展〜若きクリエイターたちの自由表現」など多数。コーディネーターとして「弥彦・野外アート展」(新潟県弥彦村)、現代美術展“地下光学”(東京板橋・アートスタジオDungeon/2016年)、生誕100年記念・立川晴一絵画展(長岡市美術センター/2021年)など多数に関わる。企画立案した主な展示スペースとして、2004年の長岡市たつまき堂倉庫以降、新潟市酒店ギャラリー・エスクィント、蕎麦店「長岡小嶋屋」(CoCoLo長岡店、銀座ニューメルサ店)など。





このサイトのすべての画像の無断転載・ 転用を禁じます。 Copyright(c)atelier Zen All Rights Reserved. 

inserted by FC2 system